2010年9月17日金曜日

ネットワークパケットの再生及び加工

PXEサーバの不具合の検証のため使用。

パケットの再生

# tcpreplay -i eth0 -v -p 1 【キャプチャファイル】
でOK。 ただし、これは、宛先MACアドレスなどもそのまま再現するので、検証環境など、別端末で使用する際には、加工が必要。

パケットの加工

# tcprewrite --enet-dmac=【検証環境用のMACアドレス】 --infile=【キャプチャファイル】 --outfile=【加工後キャプチャファイル】
これだと、送信先MACアドレスを書き換えて再生が可能

0 件のコメント:

コメントを投稿

DNS named.root 更新確認スクリプト

#!/bin/bash # DNSのnamed.rootファイルの更新確認スクリプト # 最新版のnamed.rootファイルを取得し、差分を確認する。 # 更新履歴 # 2014.02.07 watari # お約束 export LANG=C ## 実行ディレクトリ #PR...