2011年4月14日木曜日

mailman のトラブルについて

インストール

python 2.5 以上 (not python 3.x) が必要。 通常の mailman と同様の手順でインストール。 pythonlib に pykf が入り、Handlers に iso2022jpfix.py が入る。

設定の詳細

(あなたのポリシーと責任で) 1.Defaults.py に設定可能なパラメータを追加してある。
# Charset order in Decorate.py
DECORATE_LCSET = 1
DECORATE_MCSET = 2
DECORATE_CHARSETS = [DECORATE_LCSET, \
                     DECORATE_MCSET, 'utf-8']
フッタ/ヘッダの追加時に LCSET (リストの文字コード), MCSET (メールの文字コード), UTF-8 の順で変換を試みる。 UTF-8 の使用が嫌なら mm_cfg.py でこれを取り除けば良い。 (結果については、設定者の責任です) 2.mm_cfg.py に以下を追加する。
GLOBAL_PIPELINE.insert(1, 'iso2022jpfix')
「嘘つきISO-2022-JP」を(問答無用で)UTF-8 に変換する。

どうしてもポリシーが合わない人は

0. Decorate.py を使わない (それでも archive, digest は、問題がでる) (Obsoleteな) 解決法の 1,2 を試す。 ヒント: 1. email/charset.py を書き変えて使用する 2.behave.py を使う

2011.04.18 追記

どうやら、この DECORATE 関連の設定によって、ヘッダ・フッタの エンコード失敗することで、問題が生じているようだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

DNS named.root 更新確認スクリプト

#!/bin/bash # DNSのnamed.rootファイルの更新確認スクリプト # 最新版のnamed.rootファイルを取得し、差分を確認する。 # 更新履歴 # 2014.02.07 watari # お約束 export LANG=C ## 実行ディレクトリ #PR...