2011年5月1日日曜日

Linux のメモリ開放について

様々なプロセスが結構バッファとしてメモリをつかんだままに なってたりするので、開放する。
# sysctl -w vm.drop_caches=3
1 ページキャッシュ解放 2 ダーティキャッシュ、inode解放 3 ページキャッシュとダーティキャッシュ、inode解放 という感じ。 ただし、できるなら、2にしておいたほうが安全そう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

DNS named.root 更新確認スクリプト

#!/bin/bash # DNSのnamed.rootファイルの更新確認スクリプト # 最新版のnamed.rootファイルを取得し、差分を確認する。 # 更新履歴 # 2014.02.07 watari # お約束 export LANG=C ## 実行ディレクトリ #PR...